TOYODA

SB2116

高いコストパフォーマンスでモノづくりに貢献

門形マシニングセンタ

SB2116 / SB3016 / SB4016

製品の特長
安定した加工精度を実現する機械構成
シンプルかつ高剛性な固定式クロスレールを採用し、信頼性の高い機械構成としています。

剛性と高い運動性能を誇るスラント・サドル
サドルのスライド部(Y軸)は、剛性を高めるために上側のリニアガイドをクロスレールのトップに配置しスラント形状にしています。

長時間水準を安定させる高剛性鋳鉄ベッド
移動体を支えるベッドはFEM解析技術を活用し、十分な剛性を確保し、移動水準を向上させました。これにより、高速での安定した軸送りが可能となりました。

高い生産能力
早送り速度、移動量、テーブルサイズ、テーブル上積載質量のいずれも、クラス最速、最大級の仕様です。

仕様
SB2116 SB3016 SB4016
テーブル
作業面寸法 mm 2,000×1,500 3,000×1,500 4,000×1,500
テーブル上積載質量 kg 8,000 10,000 12,000
移動量
X軸(テーブル移動) mm 2,120 3,060 4,060
Y軸(主軸頭水平移動) mm 1,600
Z軸(主軸頭上下移動) mm 800
有効門幅 mm 1,700
送り速度
早送り速度(X/Y/Z) m/min 24/24/15 24/24/15 20/24/15
主軸
主軸回転速度 min-1 6,000 [10,000]
主軸端形状 - BBT50
ATC
工具保有数 32 [60, 90, 120]

[ ]はoption

※ 標準仕様時の場合です。

お問い合わせ

お見積の依頼や製品に関するご相談は下記のお問合せフォームをご活用ください。

製品に関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせ