TOYODA
リースについて

リースとは

物件の購入方法には一括購入の他に、様々な分割払いの方法があります。
その中の一つがリース取引です。
リースは、賃貸借取引の一種で、有償でものを借りる取引です。
リース期間中に物件価額のすべてをリース料としてお支払いいただくファイナンスリースと、
将来的な物件価値(残価)を算定し、導入時の価額から控除し一定の基準を満たした
リース形態とするオペレーティングリース取引があります。

リースとは

ファイナンスリースとは

お客さまが必要とする物件をリース会社が購入し、お客さまに貸し出す契約のうち、以下を満たすお取引です。

1)中途解約が不能であること(ノンキャンセラブル)

2)リース料総額の現在価値がリース物件購入金額の概ね90%以上(フル・ペイアウト)

3)解約不能リース期間がリース物件の経済的耐用年数の概ね75% 以上

オペレーティングリースとは

上記ファイナンスリースの要件を満たさないリース取引です。
将来的な市場価値(残価)を算定し、導入時の販売価額から残価を控除しリース料の総額が一定の基準を
満たすお取引です。

オペレーティングリースとは

割賦とは

分割払にて物件をご購入する取引のことをいいます。
契約期間は、お客さまの資金ニーズに合わせて割賦期間を比較的自由に設定可能です。


リースとの違いは、各々のご契約の期間満了(ご完済)後の所有権の帰属です。
リース契約は、ご契約満了後も所有権がリース会社に帰属しますが、割賦契約はご契約終了(ご完済)後に
お客さまに所有権が移転します。
(割賦賦払金の分割お支払期間中の所有権は留保状態となります。)

リースとレンタル・割賦の比較

オペレーティングリースとは

お問い合わせ

リースに関するご相談は
下記のお問い合わせフォームをご活用ください。

お問い合わせ