TOYODA

FH12500SX5-i

あらゆる産業の大型部品を高能率加工

横形マシニングセンタ

FH12500SX5-i / FH12500SW5-i / FH1600SW5i

製品の特長
マシニングセンタの性能は主軸で決まる。
マシニングセンタの心臓部である主軸。安定した加工精度を維持するために 加工点にもっとも近く重要な主軸に対してJTEKTは強いこだわりをもっています。

保全性を考慮したスピンドルカートリッジ交換方式を採用
万が一の故障時はJTEKT社内で運転確認・品質確認を済ませた主軸カートリッジ部を入れ替えることにより復旧時間をできる限り短くする工夫をしています。

剛性を保ったうえで高速高加速軸移動に耐えられる高剛性円筒ころスライドの採用
円筒ころスライドは、ボールガイドと比較して、荷重に対する弾性変形量と繰返し変動荷重による変位置が小さいことが特徴で、更に振動減衰性についても優れた特性をもっています。これにより急加速・急停止時の姿勢変化が小さく、すばやく位置決めすることが可能となり、生産効率の向上に貢献します。
剛性の高い円筒ころスライドを用いたうえでクラス最高 の早送り速度&加速度を実現できるのは、厳しい取付面 精度をクリアできる組立技術を持つJTEKTだからです。

仕様
FH12500SX5-i FH12500SW5-i FH1600SW5i
パレット寸法
mm □1250[1,250×1,600] □1250[1,250×1,600] 1,600×1,250
パレット上積載質量
kg 5,000 5,000 8,000
移動量
X軸 mm 2,400 2,400 3,000
Y軸 mm 1,600[1,800 ※] 1,500 1,900
Z軸 mm 1,850 1,850 2,100
主軸回転速度
min-1 6,000[15,000] 4,000 4,000
所要床面積(幅×奥行)
mm 6,350 × 10,040 6,350 × 10,040 10,100 × 14,600
マシン高さ
mm 4,526 4,526 5,600(APC扉開時)

[ ]はoption

※ ギヤ主軸は除きます。

お問い合わせ

お見積の依頼や製品に関するご相談は下記のお問合せフォームをご活用ください。

製品に関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせ