TOYODA

GR7i-400ULTIMATE

JTEKTの匠が生み出す比類なき高精度

高精度ロール研削盤

GR7i-400ULTIMATE

製品の特長
高品位な加工面を約束する高精度加工
静圧スライド案内で摩擦レスによる真直度の向上、ロストモーション、バックラッシレスのデーブル送りを実現し、ロール部の円筒度を向上します。さらに静圧スライドにはSTAT CONTROLを搭載し、外力に対する工作物の姿勢維持性を向上しています。

工程集約の実現 2台から1台へ
従来の固定軸主軸台・心押台ではなく流体回転軸主軸台・心押台を採用することで、軸部を加工するときに必要であった振れ止めレスを実現しました。これにより、軸部とロール部を1台で加工することを可能としました。

ロール部テーパの自動調整
といし台上測定装置の設置と受け台のNC化により、ロール部テーパの自動調整を可能としました。 これにより、手動でテーパを測定しながら受け台を調整する熟練作業が不要となり、誰でも簡単に調整・加工することができます。

仕様
センタ間距離
mm 4,000
テーブル上振り
mm φ560
研削直径
mm φ500
センタ間負荷質量
kg 1,500
といし径
mm φ760
といし最大幅
mm 75
主軸台
固定軸 [流体回転軸]
心押台
固定軸 [流体回転軸]

[ ]はoption

お問い合わせ

お見積の依頼や製品に関するご相談は下記のお問合せフォームをご活用ください。

製品に関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせ