TOYODA
JTEKT
電話番号
  

お問い合わせ

製品情報

TOYOPUC-PC10シリーズ

TOYOPUC-PC10P

  • PCIバス仕様の各種コントローラにPLCを搭載可能
  • 増設ユニットにより各種モジュールを増設可能
  • 通信機能を標準装備
  • プログラム容量 180K語、設備情報メモリ 4Mbyteを搭載
  • SFCプログラミングが可能(IEC61131-3準拠)
  • ※SFC(Sequencial.Function Chart)
TOYOPUC-PC10P

1. TOYOPUC-PC10Pの特長

TOYOPUC-PC10Pは、PCIバス用ロボットコントローラに内蔵可能なプログラマブルコントローラで、PCIバスを介してロボットコントローラとデータ交換が可能です。PC10PのCPU機能は、PC10Gと同機能です。FLリモートI/Oボード、TOYOPUC BUS-EXP(EXPANDEDBUS)を使うことによりPC10P-CPUの拡張が可能です。FLリモートI/Oボードは、FLリモート通信のリモートI/Oモジュールで、入力40点/出力40点を備え、PC10P-CPUと同様にPCIバスラックに固定可能です。TOYOPUC BUS-EXP(EXPANDED BUS)はUSB通信を利用したPC10P専用増設モジュールです。従来のベースユニット及び電源モジュールを使用し、CPU/SELスロットにTOYOPUC BUS-EXP(EXPANDED BUS)を実装することで、PC2J/3Jシリーズの各種モジュールを増設することができます。

  • ■高性能なCPU機能

    基本命令0.015μs/語(min.)、応用命令0.05μs/語(min.)とPC3JP、PC3JGを凌ぐ高速処理により「設備制御」「設備診断」情報処理」などの多彩なシーケンスプログラムを処理できます。またPCwinとの通信をUSB2.0とすることにより、従来よりも高速にプログラムの読出し・書き込みが可能となりました。

  • ■大容量のメモリ

    設備情報メモリが4Mbyteに拡張されました。
    PC10Pは、周辺装置との通信用のUSBポートを1ポート、TOYOPUC BUS-EXP(EXPANDED BUS)との通信用のUSBポートを1ポート標準装備しています。また10Mbps/100Mbpsの通信が 可能なFL-net/イーサネット/ FLリモートMを2ポート(L1、L2)標準装備しています。

  • ■多彩な通信機能

    PC10Pは、周辺装置との通信用のUSBポートを1ポート、TOYOPUC BUS-EXP(EXPANDED BUS)との通信用のUSBポートを1ポート標準装備しています。また10Mbps/100Mbpsの通信が 可能なFL-net/イーサネット/ FLリモートMを2ポート(L1、L2)標準装備しています。

2. TOYOPUC-PC10Pの一般仕様

項目 仕様
電源 POWER1:AC85~264V 47~66Hz
POWER2:DC18~32V
POWER2H:DC18~32V
消費電力 POWER1:38W以下(80VA以下)
POWER2:40VA以下
POWER2H:50VA以下
周囲温度 0~55℃
相対湿度 30~85%RH(但し結露なきこと)
雰囲気 腐食性ガスなきこと
耐振動 周波数 加速度 振幅 掃引回数
10~57Hz - 0.15mm 10回
(1オクターブ/1分間)
57~150Hz 9.8m/s2 -
耐衝撃 147m/s2 3方向 各3回
絶縁耐圧 AC1500V 1分間 (AC外部端子, アース間)
AC1000V 1分間 (DC外部端子, アース間)
絶縁抵抗 DC500V 10MΩ以上 (AC外部端子, アース間)
DC100V 10MΩ以上 (DC外部端子, アース間)
瞬時停電 POWER1:瞬停許容時間 0.5サイクル以下 瞬停間隔1s以上
POWER2:瞬停許容時間 10ms以下 瞬停間隔1s以上
海外規格 北米 CSA/NRTL 取得
欧州 CEマーク
  • (注)上記仕様は各種モジュールの共通的な仕様です。

3.TOYOPUC-PC10Pの制御仕様

機種 PC10P
プログラム方式 ストアードプログラム方式 パラメータ設定によるイベントモニタ機能
プログラム制御方式 サイクリック演算方式
定周期割込み機能(1ms〜)
入出力制御方式 イメージレジスタ方式
基本命令処理速度 接点・・・0.015μs~/命令
応用命令処理速度 0.05μs~数μs/命令
基本命令 19種
タイマ・カウンタ命令 21種
応用命令 450種以上
プログラム容量 180K語(60K語×3)
+ FBライブラリ60K語
+ 標準ライブラリ32K語
+ ユーザライブラリ32K語
メモリ素子 CMOS-RAM、フラッシュEPROM
電池 充電式(リチウム2次電池:電池寿命5年)
外部入出力点数 2,048点( DeviceNet、リモートI/Oによる増設可能)
内部出力点数 79,872点(2,048点×3+8,192点+65,536点)
キープリレー点数 6,400点(768点×3+4,096点)
タイマ機能
カウンタ機能
0.1~6553.5秒/0.01~655.35秒 合計3,584点
1~65535(512点×3+2,048点)
リンクリレー点数 14,336点(2,048点×3+8,192点)
立上り・立下り検出 5,632点(512点×3+4,096点)
データレジスタ 44K語/16ビット(4K語×3+32K語)
拡張バッファレジスタ:128K語/16ビット
リンクレジスタ 6K語/16ビット(2K語×3)
設備情報メモリ 4Mbyte
プログラムコメント、SFCデータ、FB情報、I/O図、ネットワーク図
特殊モジュール実装枚数 ——*2
見える化機能 S F C
F B
ライブラリ機能 F B
標準
ユーザ
イベントモニタ機能(サイクルモニタ可能)
強制 ON/OFF 機能
スキャン単位トレース機能
保全支援 設備診断機能 ○ 診断用ダミー:2,048点 履歴128件
ネットワーク診断機能
I/O 図表示
I / O レコーダ ○ 512Kbyte
(50ポイント/1サイクル内変化点−>約40サイクル分記憶)
テストモード ○ プログラム変更確認時、瞬時に元のプログラムに戻す機能
プログラマ I / F USB(V2.00) 480Mbps
内蔵通信機能 L1:FL/ET/FLリモートM 10Mbps/100Mbps
L2:FL/ET/FLリモートM 10Mbps/100Mbps
L3:PCIバスI/F DLNK-M2
  • *1 書込みには、専用命令が必要な領域
  • *2 PC10PはBUS-EXP(EXPANDED BUS)を使用することにより特殊モジュール実装可能となります。
  • ※DeviceNet は Open DeviceNet Vendor Association Inc. の登録商標です。