TOYODA
JTEKT
電話番号
  

お問い合わせ

製品情報

TOYOPUC-PC3JXシリーズ

TOYOPUC PC3JX

PC3J-CPU,PC3JL-CPUからの置き換えが可能な後継機種です。 各種機能の充実に加え、パソコンとのUSB接続、バッテリーレスなどより使いやすいCPUとなりました。

TOYOPUC PC3JX

1. TOYOPUC PC3JXの特長

TOYOPUC PC3JXの特長説明文

PC3JXはPC3J、PC3JLのデータをサポート。
ラダー回路、内蔵の通信機能をそのまま利用することができます。

TOYOPUC PC3JXの特長説明文

設備制御用のメインPLCのCPUとして、PC3JXは安定した
高速制御性能、豊富な制御機能を提供します。見える化(SFC※1、FB※2)、
高機能演算にも対応しました。工作機械の制御機器の老朽更新も
容易に実現。EUのRoHS指令にも適合しています。

TOYOPUC PC3JXの特長説明文

  • PCwinとの接続がRS-422のシリアルポート(Dサブ15ピン)からUSBに
    変更になりました。
    プログラムなどの読出し、書込みが短時間で行えます。
  • 内蔵通信用の端子台がねじタイプからスクリューレスタイプに変更になりました。
    ねじの緩み、締め付け不良がなくなります。
  • バッテリーレスになりました。
    電池交換の管理が不要となり、交換費用がなくなります。

TOYOPUC PC3JXの特長説明文

  • 基本命令の処理時間が4分の1になるなど、処理の高速化を実現しました。
  • インデックス機能や符号付演算、浮動小数点演算が使用できるように
    なりました。(Plus拡張モード時)

2. 性能仕様

仕様 従来機種 従来機種 後継機種
PC3J PC3JL PC3JX
型式 TIC-5339 TIC-5783 TCC-6901
製品外観 TOYOPUC PC3JXの製品画像1 TOYOPUC PC3JXの製品画像2 TOYOPUC PC3JXの製品画像3
PCwin※3との接続 RS-422 RS-422 USB
内蔵リンク PORT数(オプション付) 1(2) 2 2
PC/CMPの4線式での使用
種類 PC/CMP PC/CMP PC/CMP/SN-I/F/※4
MODBUS/SIO
DeviceNet※5マスタ(1ポート)
プログラム容量 P1/P2/P3 各16K語 各16K語 各16K語
FB/標準/ユーザライブラリ -/-/- -/32K語/32K語 各32K語
プログラム言語 LD
SFC/FB
イベントモニタ
処理速度 基本命令(最小値) 0.08μs 0.08μs 0.021μs
応用命令(最小値) 0.72μs 0.72μs 0.08μs
CPU動作モード PC3分割/単一/PC2
Plus拡張
設備情報メモリ 448Kbyte 448Kbyte 4Mbyte
I/O点数 1024点 1024点 1024点
割込み 定周期 4
バッテリ あり あり なし
内蔵I/O
  • ※1 SFC(Sequencial Function Chart)
  • ※2 FB(Function Block)
  • ※3 PCwin はVer14.9Rev1以上をご使用ください。
  • ※4 通信ポートのL2のみ使用可能
  • ※5 DeviceNet は Open DeviceNet Vendor Association Inc. の登録商標です。