TOYODA

What's New

カタログページへ

RSS

2020年

2019年

2018年

カテゴリ

商品・技術

展示会

カタログページへ

2020年11月18日 【商品・技術】

高精度ロール研削盤「GR7i-400ULTIMATE」を開発、販売開始

GR7i-400ULTIMATE

株式会社ジェイテクトは、高精度なロール加工に最適な研削盤「GR7i-400ULTIMATE」を11月16日に販売開始致します。

1.開発背景

現在、電気自動車市場は急速な成長を遂げており、車載用電池の製造には大型で高精度なロールが必要です。また、積層コンデンサなどの半導体、タブレット端末用ディスプレイなどの薄膜フィルム製造設備でも高精度ロールが必要とされており、本機はそれらの要求仕様を満足することで、成長分野に貢献します。

2.主な特長

1)JTEKTの匠が生み出す比類なき高精度

先人の匠、現代の匠、匠の技により、世界初の円筒度0.5μm/mを実現します。

①先人の匠 (世界に誇る先人の技 TOYODA STAT BEARING®)
世界に誇る先人の技TOYODA STAT BEARING®の技術をといし台、テーブル送りのスライド機構に応用・進化させ、研削抵抗に対する静圧スライドの姿勢維持性を向上しました。また、主軸台、心押台にもこの技術を搭載し、動くものすべてが金属接触しない技術を開発しました。

②現代の匠 (設計・加工で高精度加工の造りこみ)
工作物支持剛性を向上するテーブルのロー&ワイド設計や、製造を開始してから機械据付が完了するまでスライド真直度を変化させないベッド構造の最適化、及び研削熱の影響をミニマム化したベッド製造方法を確立しました。

③匠の技 (匠の技を駆使した精密な組付け) 上記の基盤技術と造り込みに加え、ジェイテクトの熟練作業者だけが可能な匠の技を駆使して精密に組付けた本機は、比類なき高精度円筒度0.5μm/mを実現します。

2)段取り替え時間削減

TOYODA STAT BEARING®の技術を主軸台・心押台に採用することで、回転精度を向上するとともに工作物センタ穴形状に依存する加工精度への影響を抑制し、軸加工に必要不可欠であった振れ止めレスを実現し、段取り替え時間の大幅削減に貢献します。

3)世界初AI機能で誰でもかんたんに調整・加工

①ロール部テーパ自動調整
といし台上測定装置とNC受け台により、ロール部テーパの自動調整を実現しました。これにより、熟練作業者が手動でテーパを測定しながら受け台を調整する必要がなくなりました。

②加工負荷検知システム
メッキ等の素材形状バラツキによる加工負荷を検知し、瞬時に加工条件を自動補正します。これにより、人作業を不要とし、さらにメッキ割れなどによるやり直し作業もなくなることで生産性向上に貢献します


3.主な仕様

項目 標準 オプション
センタ間距離 4,000mm *1
テーブル上振り φ560mm
研削直径 φ40〜500mm
センタ間負荷質量 1,500kg
といし径、幅(周速) φ760mm、75mm(30m/s)
主軸台 固定幅 流体回転軸
心押台 固定幅 流体回転軸
早送り速度 砥石台送り φ6m/min
テーブル送り 5m/min
スライド方式 静圧スライド
スライド駆動方式 リニアモータ
自動機上計測 非接触変位計
受け台 手動 NC
CNC装置 TOYOPUC®-GC70
所要床面積(幅×奥行) 1,525mm×3,664mm *2
正味質量 240,000kg *2

*1 お客様のツーリングによって仕様が制限されることがあります。
*2 仕様、付属品等により、変わる場合があります。

4.ねらい市場・業界

車載用電池や積層コンデンサなどの半導体、タブレット端末用ディスプレイなどの薄膜フィルム製造設備に使用される高精度ロール市場

5.主要販売地域

日本国内、中国、韓国、北米、アセアン等

6.販売開始時期

2020年11月16日

7.販売目標

5台/年